ECサイト向け
お役立ちブログ

ECサイト向けお役立ちブログ
マーケティング

公開日:2021.06.02

更新日:2021.06.02

【ECサイト担当者必読!】集客できるブログの書き方

集客できるブログの書き方

目次

集客できるブログってどう書けばいいの?

ブログで集客するには、ただなんとなく記事を書くだけでは効果がありません。
この記事では、なぜブログで人を集められるのか?その仕組みと、書き方のポイントを解説します。

・これからブログを始めたいがよく分からない
・今ブログをやっているが集客できていない
・文章を書くことに苦手意識がある


などお困りのECサイト担当者様は、ぜひこの記事を読んで実践してみてください!

ブログで集客する仕組みとは?

実は、仕組みはとても簡単です。

普段の生活の中で知りたいことや困りごとがある時、GoogleやYahooで検索しませんか?
その検索結果に表示される数多くのサイトの中から、自社のブログへ来てもらおう!ということです。

 検索結果に自社のブログが上位表示される
 →ブログへのアクセス数が増加する
 →→ブログからECサイトへ誘導できる

どのステップにおいても押さえるべきポイントがあり、そこを理解し実践すれば集客できるブログになるはずです。
ブログ=日記ではない

ここで言うブログ記事は、プライベートの日常を綴るものではありません。

最終的なゴールは、ブログというツールを使って人を呼び、結果としてECサイトの商品が売れることです。
そのため、誰に・何を・どうやって伝えるかを、戦略的に考えて書くことが大切です。
ターゲット(ペルソナ)を決めよう

ECサイトのターゲットはどんなお客様ですか?
サイトやブランドの特徴を理解し商品を購してもらうには、どのターゲットにアプローチしたら良いかを考えてみましょう。

性別や年齢層くらいしか思い浮かばなければ、もっと細かく絞り込む必要があります。
"ペルソナ”と言いますが、「本当に実在しそうな、特定のお客様1人」まで絞り込み、具体的に設定します。 
なぜこのペルソナ設定が大切かというと、「年齢・性別関係なく全ての人に向けて」と間口を広げても、結局は誰にも刺さらないからです。
広く浅くではなく、深く狭く、1人のお客様を具体的にイメージしてください。
ペルソナで設定したその人物像は、現実にたくさんいます。そのユーザーに向けて記事を書いていきます。
キーワードを意識しよう

1.キーワードとは
誰に向けてブログを書けばいいか定まったら、そのターゲットは何を知りたくて、どんな情報を求めているかを考えます。
GoogleやYahooで検索するときに入力した語句やフレーズ=キーワード(検索クエリ)と言います。
このキーワードを盛り込んだブログを書くことで、実際に誰かがそのキーワードで検索をしたときに検索結果に自社のブログが表示され、アクセスされることを目指します。
2.キーワードの選び方
例えば「母の日」というキーワードでGoogle検索すると、楽天など大型モールの特集ページ、有名百貨店の特集ページなどが並びます。
有名企業は多くの費用をかけてSEO対策をしていますので、こういった企業のサイトを差し置いて自社のブログが検索結果の上位に食い込むのはほぼ不可能です。
「母の日」という単体のキーワードでは無理でも、例えば「母の日 調理家電」で検索すると、検索結果の一番上に出てくるのは、【母の日に贈りたい調理家電のおすすめ●選】といったタイトルのブログのページです。

範囲の広い語句一つではなく、2つ3つと語句を組み合わせた複合キーワードを選ぶことで検索上位に表示される可能性も高まり、その情報を求めているユーザーにアプローチするチャンスが増えます。


3.キーワードの使い方
●1記事につき1キーワード
「母の日 調理家電」というキーワードは、2つの言葉ですがまとめて1つのキーワードと考えます。
1記事にキーワードを複数盛り込んだほうがより多くの人に検索されやすいのでは?と思うかもしれませんが、記事のテーマがブレてコンテンツが分散してしまうため、お勧めしません。

●キーワードを含んだタイトルをつける
キーワードが決まったら、必ずその語句すべてを含んだタイトルをつけます。
先ほど例で挙げた「母の日 調理家電」の検索結果でも、キーワードが含まれているページが最上位に来ています。
タイトルの要素は検索結果に大きく影響するため、集客できるブログを目指す上で必須事項と言えます。
書き方のポイント

ブログはユーザーに読んでもらうことが大事です。
つまり、ユーザーが読みやすいように意識しながら書くことが重要です。
思いのまま書き始めるのではなく、構造を意識しながら書きます。

 1.冒頭
 2.コンテンツ
 3.まとめ

それぞれ書き方のポイントを解説します。
4-1.冒頭の書き方
冒頭には、これらの要素を簡単に書きます。

 ・記事の概要

 ・誰に向けた記事か

 ・読むとどうなるのか

ユーザーが求める「知りたいこと」に対して、その答えがこのページに有るのかどうかを最初に提示します。
「この記事ではこんなことを書いています」と示すことで、ユーザーの期待する答えとのミスマッチ(期待外れ)を防ぎます。
求める情報と合致している場合はその次のコンテンツへと読み進めてもらいやすくなります。
4-2.コンテンツの書き方
文章がだらだら続くだけのブログは読みにくくなるため、大見出し・小見出し・説明文・画像など、工夫しながら書きましょう。
慣れてくるまでは、どんな内容を・どんな順番で展開するか、要素を書き出して整理してみてください。

●ユーザーの「知りたいこと」に答える
決定したキーワードは「ユーザーが知りたいこと」です。その知りたいことに答える内容となるように書きましょう。分かりやすい・使ってみたい・欲しいと思ってもらうように内容を深堀します。
実際に使った感想や、おすすめのコーディネート、アレンジレシピなど、ユーザーに商品を使用する自分をイメージさせることで購買意欲を高めます。

また、ECサイトの運営担当者だけでなく、仕入れ・製造・販売など、各担当者が得意とするテーマで書くのもおすすめです。
4-3.まとめの書き方
コンテンツが長くなった場合には、最後の締めくくりとして要点をまとめます。
総括を書くことで、記事の大事なポイントを再度思い出させ情報を整理することができます。
まとめでは読みやすいよう要点を箇条書きにするなどもおすすめです。

●行動を促す案内やリンクの設置
ひととおり読み終えたユーザーに行動喚起を促す案内を入れましょう。

 ・商品購入
 ・メルマガ購読やオンライン会員登録
 ・他のブログ記事
 ・SNSでのシェアやフォロー など

コンテンツに満足したユーザーは、信頼感を覚え、商品やサービスに好意的な心理状態と言えます。
そのため記事内容のまとめと自然な流れで書くことで、アクションに繋がりやすくなります。

まとめ

ブログで集客するための書き方のポイントを解説しました。大事なポイントをおさらいします。
ターゲットを絞り、その人に向けて記事を書く
キーワードを決め、1記事につき1キーワードで書く
行動を促す案内やリンクを設置する
記事をどんなに書いても、誰にも読んでもらえなければその労力も水の泡です。
ブログで集客できるよう、ポイントを押さえ実践していきましょう。

弊社にはECサイトに特化した制作チームに加え、補助金申請に精通した営業マンマーケティングに優れたスタッフが在籍しています。ECサイト制作をご検討の方は、ぜひご相談ください!

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

052-262-8041 平日10:00~17:00

ECサイト制作について
どんなことでも
ご相談ください

お電話でのお問合せはこちら

052-262-8041 平日10:00~17:00

一覧ページへ

お見積り・ご相談は
無料です!

些細なことでもお気軽にご相談ください。
5,000件以上のWebサイト制作実績をもつ私たちがきっとお客様のお役に立てるはずです。

1~2営業日以内にご連絡いたしますので
お気軽にお問合せください。

無料で相談する

お電話でも受け付けております

052-262-8041 平日10:00~17:00